Продукция

 

Кулинария Азербайджана на японском языке 

 

 

アゼルバイジャンは古代文明の発祥地です。大昔から人間はアゼルバイジャンの美しい自然の懐に抱かれてきました。アゼルバイジャンには世界の11の気候帯のうち、9の気候帯があります。気候の変化に富んでいます。それは畜産業のみならず、農業の発展のために必要なことです。従って、ホモサピエンスは狩をして、肥沃な土地を開拓して、豊かに生活してきました。間違いなく、多様な動物や植物が食文化にも影響を与えました。

現在、アゼルバイジャンの文化、伝統、歴史について話したら、アゼルバイジャンの割烹を忘れてはいけません。昔からアゼルバイジャン人は歓待で有名でした。お客のために美味しい料理を作るのはアゼルバイジャン人の歓待の心を表しています。肥沃な土地、温暖な気候、農民の勤勉はアゼルバイジャン料理の美味しさの秘密です。昔と同じようにアゼルバイジャン人は牛肉、羊肉、鶏肉、魚を調理するために使用しています。もちろん、色々な調味料や野菜を追加すると料理はもっと美味しくなります。
ケバブ。
肉から作られるこの料理はアゼルバイジャン人の好物です。この本にはケバブの種類の詳細な説明があります。ケバブの調理プロセスは簡単です。羊肉を火鉢で焼きます。基本的にこの料理は男性が調理します。伝統料理のレストランでもケバブを注文できます。そしてケバブは羊肉だけではなく、ナッツ、ジャガイモ、トマトでも作られます。